LOAM :

garden


" 満足はしない。どんどんつくりたい。 "


2015_02_03_1.jpg


今を生きるの精神で、あくせく奮闘中の毎日です。
でも、たまには自分の事を書く時間を設けないとないとな。。と反省中でもあります。
新春1月3日の大分合同新聞『2015新春住宅特集 OLIVE』で取材していただきました。

『現場を支えるプロフェッショナル』というテーマで、住宅に関わる様々な職業のプロが、自分の仕事に対する熱い想いや信念を語っています。職種は違えど、やはりみんな底の部分は同じなんだなぁと深く共感しました。

僕も偉そうに色々語ってます。語ってますというか、ライターの方がすばらしいと言った方が良いのか、いつもこういう取材を受けて思うのは、『やっぱ文を書く人もプロやね。』って事です。よくも、あの、僕のどうでもいい話をこんな素敵にできるよねって(笑)。
そして、改めて人から文にされて気付く事もあります。文中で『使えないものは嫌い。強くて長持ちし、かっこいいものを』と言ってるのですが、それを一言『何より大切にするのが"機能性"。』という一言でまとめてくれました。

僕はあまり"機能性"って言葉、なんか好きじゃなかったのですが、、だって意味分からないデザインもいいなとも思うし、やれと言われればやるし。でも、結果的に僕の性格上しないのかなって思いました。そう、性格が"機能的"なのです。何かにつけデザインにも、そこに存在する意味を求めてしまいます。存在する事が人にとってなんの引っ掛かりも起きない"機能しない"ものならば間違いなく省いてしまうなと。自分がイイと思ってる以上"機能"してるわけだと思うんですが。んー、深いな。どこまでも行きそうなので、一応機能性という言葉が好きになったとだけ覚えてもらえたら(笑)。

今回この取材をしていただいたお陰で、素敵な出会いが続いております。色んな方からも『がんばってるね!』なんて声も掛けていただきました。『生きてたんだ。』って声もあったかな(笑)。改めて新聞、活字の力ってすごいなと思いました。本当にありがとうございます。皆さんのご期待に応えられるよう、日々全力で努力を続けて行きたいと思います!


そしてビョークがやっぱりスゴいという件。あ、ついでにyoutubeも。
ビョークって"もはやジャンル"と言われる存在です。音楽性はもちろんの事、その芸術性に魅せられ、様々なプロが腕を競い合ってます。そして、高め合ってできたライブもスゴいのなんのって。たまたまyoutubで行き着いたビョークのライブがすばらし過ぎました。構成、空間の使い方、地元イズム、映像、音、そしてビョーク。全てが機能してる。でた"機能"。今日はこれで落とさせてもらいましょう。では。




PS.
ビョークのオルゴール欲しい。
白の"タビ"かっこいいな。
独特の『センキュッ』が堀内孝雄を連想させる。




TAB

" 空飯 "


1311-1.jpg

1311-13.jpg

1311-12.jpg


なんだか最近はご飯も食べたような感覚がなく、、、食べながらも色んな事が頭の中をぐるぐる回ってました。デザインの事、展示の事、仕事の事、段取りの事諸々。いかに面白く、かっこ良く、ダサく、ストイックに、無駄なく、スピーディーに、深く深く、...と、こんな事が常に。そりゃ味覚まで思考が追いつきませんわ。

でも、ようやく今日からフンドーキンマンションでのSALVE feat. LOAMエキシビジョン『hommage : オマージュ』が始まるという事で、頭の容量も少しづつスペースを取り戻しつつあります、、。あー、お昼の愛妻弁当が美味しいです(コマーシャル)。

今回は展示用のフライヤー、ショップカード、SALVEオリジナルコーヒーのタグなどをデザインさせていただきました。それに加え自分の展示もなので、、本当に間に合ったのは奇跡。諦めることも簡単でしたが、、そこをなんとかするのが僕でして(コマーシャル)。展示期間は本日1日から10日まで(5日火曜/お休み)となっておりますので、お時間の取れる方は是非ぜひフンドーキンマンションの107号室へ足をお運び下さい。僕等以外の部屋でも様々な展示をされてますので、そちらも必見ですよ。では、皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。




********************************************


【 hommage  】


fundokin apartment #107
SALVE feat. LOAM exhibition


2013.11.01 fri   >>>  11.10 sun


********************************************



: : place
    フンドーキンマンション #107号室

    870-0035 
    大分県大分市中央町3丁目5-1


: : open
    11:00 ---- 18:00
    ※close 11.05 tue

: : contact
    097.532.1649 (SALVE)
    salve@oct-net.ne.jp




TAB

" fundokin apartment #107 "



hommage.jpgのサムネール画像



【 hommage  】


fundokin apartment #107
SALVE feat. LOAM exhibition


2013.11.01 fri   >>>  11.10 sun



********************************************

: : place
    フンドーキンマンション #107号室

    870-0035 
    大分県大分市中央町3丁目5-1


: : open
    11:00 ---- 18:00
    ※close 11.05 tue

: : contact
    097.532.1649 (SALVE)
    salve@oct-net.ne.jp




来月1日から10日まで、大分市中央町にあるフンドーキンマンションの107号室にて、大分市金池のインテリアショップSALVEさんと一緒に『 hommage 』という合同企画展示をさせていただく事になりました。兼ねてから話題であった、あのフンドーキンマンションで何か出来る!ということで、僕のテンションはアゲアゲですが、さぁ、さて、、なにするかね....?みたいな現状です。。

現地はメゾネットタイプの大変面白い構成で、一室といいながらも2階と3階がつながっており結構広い!部屋数でいくと3部屋。ただ、それにつづく階段や廊下など気の抜けないスペースがたっぷりあります。一応、インテリアの担当が当然SALVEさんで、僕はというと、そこのベランダ(エクステリア)を担当することになっております。

だた、それも意外と広い!まいったなぁ。。すでに展示に向けてSALVEさんは大体のイメージが出来上がってるみたいで、きっとあのSALVE感出しまくりの素敵な空間になるんだろうなってことは容易に想像がつくのですが、、、その一方の僕ですよ。。ほんと、、どうしよう。。。一応SALVEさんからは『なにやってもいいよ!』ってことで言われておりますがー。。ねぇ〜。

とはいっても時間がない。僕のプランも徐々に進行中ですが、
ここ最近の台風の影響とか受けて、悪い情報ばかり入っております!(笑)
台風?影響?って感じでしょうが、それはまた11月1日までの、

お・た・て・な・し

おたてなし。
なにそれ!





TAB

" _ing "


139-1.jpg

139-12.jpg

139-13.jpg


大分市内で現在進行中です。
アツい 暑い 熱い〜っと言ってたら、
今度は アメ あめ 雨〜〜っと泣かされる〜〜。。

そんな時はゆっくりと体を休め、
次なる行動の作戦を練るべし。べしべし。

とりあえず、てるてる坊主を1000個。
いや、2000個。いや、3000個と、数の問題ではない_。
特大サイズのものを一つでいい。



TAB

" works追加 "


HPのリニューアルに伴って、今までupできずにいたworksを追加しております。
本来ならば、それぞれに僕の言葉を添えた状態で公開したかったのですが、
なにせ公開が延ばし延ばしになりそうだったので、ま、後からくっつければいっかと、
見切り発車させていただきました。。

だから、いつになるか分からないので、、
今日はちょっとだけそれらに触れとこうかと思います。




to-25-thumb-500x333-2537.jpg




2011の作品を今頃(笑)いやー、申し訳ない!僕がこれまで作ってきた中でも、かなりのインパクトをもつ作品です。細かいと思われたくないけど、図面を見たら細かいと思われそう(笑)ま、それぐらいあれこれ慎重に現実を見るのが僕の特徴かな。。門柱から表札、フォントまで遊び心満載です。常に進化し続ける。それが【 T T T garden 】






yo_01.jpg




HPの更新が滞ってた時に進行してた湯布院のお庭です。歯科医院の改修でした。6月の梅雨時期に開始し、来る日も来る日も、曇り、雨、雨?曇り?の連続。。いやー、、泣かされました。外仕事は天候に左右されるので苦しかった。でも、日に日に見えて来る姿に、心を踊らせながら湯布院まで毎日通ってました。全体のイメージは人間の肌のような感覚の、淡く包み込まれるような雰囲気のものを求めました。






od-12-thumb-500x375-3007.jpg




佐伯市で昨年末完成したお庭です。主に植栽や芝張りがメインでした。そんな中でも、浮く花壇を一つ提案。kentaroにも無理言って、一緒に持って行ったYDRの小野くんにも無茶させて、なんとか僕のイメージを現実のものにすることができました。いやー、これまた大変だった。笑い話も色々あるけど、やっぱり皆さんあっての我が社でございます!(笑)





si-000.jpg




マンションの坪庭をリフォーム。元々のお庭は、鉢に木が植わってて害虫も付いてて、ちょっと近寄り難い雰囲気でした。このイメージをどうにかして変えたい。そして次はあまり管理の必要のない鑑賞できる庭にして欲しいというご依頼でした。あとは、『子供が小さいので、子供も楽しく眺められるような感じにしたいかな〜。』最後のこの言葉をきっかけに、僕のアイデアはみるみると膨らんで行った事を思い出します。たった一つの言葉。大切ですね。





s-16-thumb-500x331-2465.jpg




おっと、これまた本当にごめんなさい!(笑)東京の世田谷で造らせていただいたお庭です。実はこちらのクライアントは僕と高校の同級生なんです。帰郷した際に僕がこんな仕事してるってことを覚えててくれて、大分の田舎で細々とやってる僕にわざわざ声を掛けてくれました。東京と大分ということで、色々と考えられる難しいハードルもあっただろうに、わざわざ頼んでくれました。心から感謝してます。そして、とっても勉強になった。この経験を生かして、県外でもガンガンやったるで!サンキュー!





U-40_0.jpg




で、これは超最近のフライヤーデザイン。U-40の皆様にご指名いただき私、担当させていただきました。というか、最初は断ろうかとも思ったけども、建築という枠組みで考えると、僕のデザインはそっち系にとっても向いてる(自分で言ってますが 笑)。考えないつもりが、自然と体が動き、速攻で出来上がったみたいな。だから受ける、というか逆にやらせてください!と泣きつくハメに(笑)

それで、今回は大変になる事を予想して、フォントや文字組みなどYDRの小野くんにも手伝ってもらいました。とっても利いてますね。しかも僕、一緒にするとなると全然遠慮しませんし、ズケズケと面倒な事突然言いますし、大変ご苦労されたかと思います(笑)。最初に僕が小野くんに伝えた言葉。『んー、なんてぇのかなぁ、ドイツっていうよりー、ポーランド辺りの格好良さをはき違えた雑誌のようなイメージっつーかー・・』これ(笑)『いや、わかんないですよ!』と即答でした。小野くん、ほんとお疲れさんっ。つか、もう全部書いてるやん!




TAB
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11